知られたくない、自由が欲しい!!

プライバシー、人間というのは自由に生きたり、発言する事を許されています。有名人の場合、あちこちに知られているだけに、なかなか自由に生き難く、家に帰っても押しかけてくる人がいるくらいです。テレビに出ていようが、でてなくても一般人のように普通に過ごしたいと思う物です。一般人は知られている人は少ない、知っている人はごく周りの人たちが殆どでしょう。交流しているとしていないでは落差があるのも事実ですよ。交流が積極的な人もいるので、一般と公人を分け隔てて考えましょう。

自由を侵されるという事

公人だろうと、民間人だろうと、自由に生きる保証は守られて当然でしょう。公人はあくまでも仕事柄によるものですが、家に帰ると一般人と変わらない生活ですよね。公人の場合、周りから知られているだけに、なかなか街を歩き回るのは困難を極める事がありますよ。そうならないように、公人に対して権力者の場合は特に警備が必要かもしれないでしょう。自由に生きる権利が保障されていないと誰も信じられなくなりますから、公人も民間人と自由に平等の生活を与えるべきです。

プライバシーの侵害は犯罪に該当!?

公人は仕事が多い分、給料もそれなりにいいでしょう。その分しっかりと仕事する事が求められます。仕事が終わり、自宅に帰ったらすでに一般人と同じ扱いになりますよね。そして私生活まで公人扱いするのは社会での居場所まで限定されてしまいますので、やはりある程度はプライバシーの権利を行使してでも生き易く、行動しやすくする事で行動の範囲も増えます。ただ、事故など私生活での不祥事もすぐに情報として伝わってしまいますので、ある程度は公人の心構えは必要になります。

機密文書の取り扱いは、企業の信用に関わってくる重要な要素ですので、慎重に扱い管理する必要があります。