倉庫における一般的な印象

皆さんが持つ、倉庫の印象はどのようなものでしょうか。ドラマの舞台になることも多く、倉庫の写真や風景というものは多くの人に知られています。東京流通センターなどの巨大倉庫のイメージを持つ方もいるでしょう。たいていの倉庫では部品や商品の在庫管理が行われています。倉庫内にはエアコンもなく、現場では30度を超すこともあり、体調管理は十分に行うことが大事でしょう。逆にケーキやアイス等のデザートを扱う倉庫なら寒い室内で防寒着を着て作業することになります。庫内は灰色コンクリートの壁に囲まれていて、天井高くまで荷物が積みつけられているような場所で作業する、そんなイメージもあるでしょう。実際の倉庫では品質にこだわって商品を管理し、入庫、出庫、出荷での生産性を求めて運用をしているのです。

スペースを最大限に活かして効率良く管理する

持っている敷地には限られた面積があり、多くの商品を保管するにはどうしたら良いのだろうかという課題があります。家の台所のシンク下なども、収納グッズを設置することで、収納面積を増やしたりすることが出来ますが、整理整頓には工夫が必要になるのです。それと同じように倉庫内の無駄なスペースを上手に利用することが大切です。少ないスペースでたくさんの在庫を管理するには、ネステナーを使ったネスティングが効果的でしょう。フォークリフトはパレットを運ぶだけでなく、ネステナーの組み入れを行って、効率良い在庫管理を考えることが大切です。フォークリフト作業では、在庫の多い商品はネステナーの最上段にしたり、よく出荷される商品は一段目の直ぐに取り出せる位置にレイアウトを変更するのです。

現代的な倉庫システム

どんな人でもパソコンやスマートフォンを所有している現代ですが、倉庫システムといったコンピューターを導入した倉庫も増えてきています。自動倉庫システムを導入すれば、パソコンを通して在庫を管理し、ロケーション入庫された場所から自動的に出庫することが可能です。今まで作業者が行っていた出庫を機械がやってくれれば、作業工数が大幅に減少することになるのです。無駄な人件費を減らすことで、生産性や品質も高めることが出来ます。機械で行う作業では間違いが起こり難いが、人が行う出庫は常に間違えが起こり得る危険性があるのです。

3PLの導入をして外部に物流を委託することでサービスの品質の向上やコスト削減などを実現することが出来ます。