シェアハウスの入居には審査が!

シェアハウスの一般的な入居条件は、18歳以上で入居審査で承認される事です。大勢の入居者と共に安心して暮らすには、最低限の生活ルールというものがあるので、それを守れるかどうかが審査のポイントとなります。大概は書類審査となり、記入事項に虚偽がない限りは問題なく審査に通るものです。契約期間は場所にも寄りますが、短い所では3ヶ月から可能となります。3ヶ月以上であれば、それ以上の契約期間でも中途解約することも出来ます。

館内の清掃は専門業者が!

シェアハウスの初期費用は、普通の賃貸の部屋と違い保証金や賃料の他に共益費などもかかります。それは、水道代や光熱費が含まれるからで、布団等をレンタルする事も出来、その場合は別途費用がかかります。館内の清掃やゴミだしなどは専門の業者が入る場合が多く、そうした管理は賃料や共益費に含まれます。建物や部屋等の内覧を行う所も多いので、大概は午後に管理スタッフが対応してくれます。また、ロビーなどで入居者に話を聴くことも出来ます。

ルール違反にはペナルティ!

シェアハウスの部屋には家具等が備わっていいる場合が多いので、入居に当たって必要な物としてはスリッパや洗面用品といったものです。もちろん調理用具も揃っています。入居は部屋が空いていれば、早ければ4,5日では入れるところもあります。また、入居の予約も行われています。館内での生活は基本的に門限もなく自由ですが、周りに迷惑になる行動にはペナルティが課せられます。多くは3回違反した場合、契約解除となり違約金を支払って退去となります。

シェアハウスとは、複数人で一戸建てorマンションを賃貸することです。共有部分は、台所・お風呂等です。専有部分は、共有部分以外の1部屋です。