苦手なものから先に片付ける

社会人であるかぎり、得意な仕事、苦手な仕事というものは必ず存在しますよね。でも給料を頂いている限り、この仕事が嫌だからやりたくないということは残念ながら許されないでしょう。仕事を効率化する方法のひとつは、苦手なものから最初に片付けることですよ。苦手な仕事を1日の終わりにやろうと思うと、既に疲れているので、さらにやる気を失わせる原因にもなり、ミスをしやすくなってしまいます。そうすると面倒だから明日にしようと結局先延ばしになりますので嫌な気分が次の日まで持ち越しされてしまいますので、苦手なことは1日の初めに片付ける!を心がけてみてはいかがでしょうか。

適度な休憩が作業効率化につながります

会社員であろうと、自営業者であろうとある程度長時間仕事に拘束されますよね。人間は機械ではありませんから、1日中集中して仕事をすることは不可能です。ある程度の時間集中して仕事をしたら気分転換につながるような休憩を定期的にとることをお勧めしますよ。例えばコーヒーやお茶などを飲む、ストレッチをする、トイレに行って化粧直しをする、など気分転換も兼ねて必ず休憩しましょう。そうするとミスも少なくなることに気づくはずですよ。

一日のおおまかなスケジュールを朝一番に考える

普段几帳面な人も、そうでない人もある程度の時間管理の意識を持つことが大切ですよ。朝出勤したら、今日はこの仕事を終わらせようという大まかなスケジュールと立てることで仕事の効率化が可能になりますよ。もちろん、仕事をしていると予想しなかった来訪者やトラブルが起きてしまい、スケジュール通りにいかないこともあると思います。でもそれは普通にあることだと割り切ることも大切です。スケジュール通りにいかないからといってイライラしてしまうとかえって効率が悪くなりますので気をつけましょう。

仕事を覚えるためにはマニュアルが必要になります。ワークフローはフローチャートを用いたマニュアルであります。