せっかくホームページを作ったら多くの人に見てほしい

会社の設立や事務所の開設によって新たに作ったホームページはもちろん、個人が趣味で作っているホームページであっても、作った限りは多くの人に訪れてほしいと考えるのが普通でしょう。世界中の多くの人に見てもらえるのがインターネットの大きなメリットであるにもかかわらず、誰も訪問してくれないのでは意味がありません。ビジネス目的であればページ作成費用が無駄になってしまいますし、個人ページであってもページを更新する気力がなくなるでしょう。

多くの人に訪れてもらうにはSEO対策が必要

そこで登場するのがSEO対策です。インターネットは情報の洪水状態ですので、ダイレクトにホームページのURLを入力して目的のホームページに行くというケースより、知りたい情報に関係ある検索ワードを検索サイトに入力して、検索結果から適切なサイトへ移動していくという使い方が主流でしょう。SEO対策とは、検索結果で上位に行くように対策することで、お金を払って確実な効果を狙うものから、自分で無料でできるものまでバリエーションは広いです。

逆効果になるのでやめた方がいいSEO対策

検索結果で何度も表示されるには、多くの人が入力するキーワードを自分のホームページに先回りして埋め込んでおくという方法がありますが、これはやり過ぎると逆効果です。もちろん、ホームページのコンテンツとして不自然でなければ問題ありませんが、あまりにも不自然にキーワードが連呼されているようになると、検索エンジン側でそのサイトを排除するプログラムに引っかかってしまう可能性があるでしょう。また、アダルトキーワードを無理やり入れるようなことも、同様の理由で避けた方がいいかもしれません。

ホームページ作成とSEOに関する工夫については、検索の内容に合致するように充実した情報を提供できる作りにすることが大切です。